小さなお子さんにも安心の水選び

採水地から水を選ぶというのは、味や好みだけではなく、安全・安心の観点からも大切なポイントです。
最近では、放射能の影響を心配しなくてはならないため、採水地が明記されているのは、ウォーターサーバー選びにおいて必須の条件ともいえそうです。特に小さなお子さんがいる家庭では、水選びは慎重にならざるを得ません。
放射能の影響は、小さな子どもほど大きくなります。少しでも安全な水を確保したいというのは、当然の気持ちです。
そのため、西日本の採水地から水を調達しているウォーターサーバーのメーカーに注目が集まっているようです。
小さなお子さんがいる家庭の水選びで、もう1つ注意していただきたいのが、水の性質です。
マグネシウム・カルシウムなどミネラルが豊富に含まれている硬水は、体に良いイメージがありますが、乳児の粉ミルクを溶くのには不向きです。
粉ミルクは既に栄養バランスが整えられているため、さらにミネラルが水によって添加されるのは望ましくありません。
粉ミルクを溶く用途にも使うなら、軟水かRO膜水が良いでしょう。
採水地、水の性質からウォーターサーバーを選ぶなら、以下のサイトをチェックしてください。

おすすめウォーターサーバー
Yahoo!知恵袋-硬水・軟水とは?

大人ならミネラルが多い硬水が健康面からみても良いように感じます。
しかし、同じことが小さなお子さんにも当てはまるかといえば、そうではないかもしれません。
ウォーターサーバーを選ぶ際には、ぜひいろいろなサイトをチェックして、十分に検討してください。